スタッフインプレッション

プロスタッフ 川畑 篤孝 氏

軽量で温かい防寒着だからこそ、極寒の中でも思い通りに釣りができ、安全対策にも繋がります。

じっとしていても温かい光電子®は本当に心強いアイテム

FREEKNOTの防寒製品(特にインナー)は温かいだけでなく、軽くて肌ざわりもよく、冬場特有の重ね着感が感じられないので、慢性の肩こりで悩まされている自分にとっても手放せないものになっていますね。
私の仲間には漁師さんが沢山いますが、真冬の仕事では光電子のインナーを使ってくれています。毎日極寒の海で仕事をしている漁師さんも認めた光電子、間違いないんじゃないでしょうか(笑)

軽くて携帯性に優れたダウンウェア

愛用しているダウンジャケットは、身体の中から温まり、軽いのが良いですね。温かさは実感できています。ダウンウェアと言っても軽くてコンパクトなため、携帯性にも優れており、急激な寒波到来でも助かりました。また、その薄さゆえにインナーとして着用しても、動きを妨げることなく、釣りのしやすさをキープする事が出来ます。

お気に入りはウルトラライトダウンジャケットにジップアップシャツ

この2点さえあれば四国での冬はほぼ凌ぐことができます。その上、私はファッションにもまったく興味やセンスがありませんでしたが、ライトダウンジャケットは防寒性能だけでなくカラーリングもお洒落で、普段着でも使用できるのが嬉しいですよね。最近、家族から「パパ、その服なかなかイケてるやん」と言われるようになりました。釣りだけでなく普段着としても重宝しています。

より薄くて軽くて温かいウェアを実現してほしい

防寒ウェアはまず「軽さと機能性」、これに尽きます。アングラーが釣りをすることにおいて一番快適なシーズンである春と秋、その春と秋のスタイルで冬も釣りができたら最高だと思います。そんな贅沢はなかなか難しいことですが、光電子ならそれが実現できると思っています。

 

ページトップへ戻る

プロスタッフ 庄山 英伸 氏

屋外に出てすぐに効果が発揮されるという点は、光電子にしかできない効果だと感じた。動きを妨げることなく、釣りのしやすさをキープする事が出来ます。

実感した「ジッとしていても温かい」

私が実感した点は、素材自体がジッとしていても温かいということ。
身体が動いて温まった時に温かくなるのではなく、屋外に出てすぐに効果が発揮されるという点は、光電子にしかできない効果だと感じた。

冬場の海上で重要なのは「レイヤリング」と温まった空気を逃がさないこと

冬場の海上では気温よりも体感温度はグッと低く感じる。
外気温が5度でも、吹きさらしの甲板の上では体感温度は0度を下回るため、使うウェアはより厳選される。光電子アンダーウェア、ミドルウェア、アウターをレイヤリングすることで、風に体温を奪われるのを防ぎ、通常よりも少ない枚数で、同等以上の効果を発揮する。着る枚数が少ないことは、着膨れによる動き辛さを少しでも軽減できることにつながる。さらに、防寒対策の基本ではあるが、袖口、襟口を光電子の小物を使用することで温かい空気が逃げるのを極力防いでいる。
温まった空気を外に逃がさない。これで厳寒期の釣りも完璧だ。

温まった空気を逃がさない便利アイテム

「リストウォーマー」、「2WAYネックウォーマー」等の小物を袖口、襟口に使用することによって、温まった空気を逃しにくいことは先ほども述べたが、中でもグローブの下に着用する「リストウォーマー」は、厳寒期の手の対策に重宝している。
「リストウォーマー」の上に通常のグローブを着用するが、指には生地が掛っていないため、手がゴワゴワしないのが嬉しい。
またその他、「アンダーシャツエクスペディション厚手」は、後ろミゴロ(=背中腰部の裾)が長めに設計されており、前にかがんだり、しゃがむことが多い釣りの現場で重宝している。

今後期待したい、フィッシング防寒ウェア

近年、山用品をタウンユースとして使うユーザーが多くみられるが、山という厳しい条件での使い心地が、そのままタウンユースとして受けているのではないだろうか。タウンユースとしてはオーバースペックの機能を支持し、ロゴやカラーなどのデザインに刺激され、従来の衣料にない感覚を楽しんでいるように感じる。
今後、冬場のミドルウェアとしてだけで無く、秋口からのアウターとして長期間重宝するだろうフリース、もしくはフルジップのミドルウェアは、アウターとしての多少の撥水効果や防風性能だけでなく、デザイン性も重要だと思う。また、釣り業界以外でも需要があるものとすれば、速乾性の高いアンダーウェアやコンプレッション性が高いアンダーウェアなども、今後期待したい商品だ。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 鈴木 新太郎 氏

真冬の寒い時なども温かさを実感する役立つアイテムです。

真冬の寒い日にこそ実感する温かさ

私は、船釣りが中心なので、海上で吹く風はより冷たく感じてしまいます。特に日本の北側だと尚更。そんな時に光電子®のダウンは他社と比べても温かさを実感し、手放せないアイテムですね。

防水性能にプラス「動きやすさ」と「デザイン性」の重視

私が求める防寒ウェアはやはり「防水機能が高い」ということ。寒い日に濡れてしまうと体温も下がり釣りをするのが辛くなるので、防水機能はかかせない。
また、釣り以外にも使える「デザイン性」はもちろん、釣りをする上で重要な「誘い」の動作時など、人の動きに合わせた可動域の設計をすることで、より動きやすくなり良いと思いますね。

手首・足首からの寒さを防ぐ工夫

風の侵入を防ぐために手首や足首などの締めつけがきついと血流が悪くなり余計に寒くなってしまう。かといって、緩くなりすぎると、風が入り身体全体が冷えてしまう。この様なことから、温かさを逃さず、かつ手首や足首を締め付けすぎないよう工夫も必要だと思います。
そして、ニット系の素材はチクチクするものがあるので、肌触りの良い生地だとより温かさを実感できそうですね。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 谷 泰介 氏

レインウェアの下に着られる薄さと軽さがお気に入りです。

透湿性も高く蒸れることがない快適ウェア

岸からの釣りでは磯を歩いたりするのですが、透湿性も高く蒸れることがなく汗ばんだ移動後にも寒さを感じることも蒸れた不快感もなく快適に釣りができ重宝しています。

お気に入りはハイブリッドウルトラライトダウンジャケット

レインウェアの下にも着られる薄さと軽さ、タウンユースのトップスとしても問題なく着られるデザインを重宝しています。袖口が適度に絞られるので熱を逃さず防いでくれるのもいいですね。温かいだけでなく静電気防止やグローブを着用していてもつけ外しができるファスナーなど細かな工夫が随所に施されているのもいいですね。

釣りという静と動を繰り返すスポーツだからこそ、求める温かさ

防寒ウェアに求めるものは、もちろん温かさ。また、激しい動きの後に汗などで冷えたりしないドライ性能も理想の防寒着。
今でもラインナップは豊富ですが、膝や肘の内側や脇などの部分的な場所にクール素材や光電子素材の量を部分的に調整するとより良いものができるのではないかと思っています。
そして、もう少し冒険した色違いのデザインも期待しています。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 富所 潤 氏

動きやすさがワンランクアップしたような印象を受けるはずです。

防寒ウェアは「軽さ」も重要な要素

防寒製品に求められる最も重要な要素は言うまでもなく寒さを防ぐことですが、それに負けず劣らず重要な要素が「軽さ」です。冬の釣りでは寒さ対策として様々なインナーを着込むことになりますが、寒さが厳しければ厚着をしなければならず、それにより重量が増し、結果動きを阻害されてしまいます。我々ボートフィッシャーマンであってもその弊害は大きく、しゃがむことすら億劫になってしまい、釣りどころではなくなってしまいます。
光電子製品の特長は単に暖かいだけでなく、その軽さ・薄さゆえ、同じ防寒機能を備えたインナーと比較すると動きやすさは格段に良く、まさに「実感」できるレベルと言えます。また、ダウンは単に暖かさだけを追求しただけでなく、タウンユースでも違和感のないおしゃれな感じもgoodです。
ぜひ、お店で手に取って実感して下さいね。

「薄くても温かい」ことが・・・

船に乗って釣りをする場合、移動中の寒さを防ぐため、また釣りそのものの動きが少ないため厚着になりがちです。このため、しゃがむ動作や座った状態でモノを取る動作が必然的に多くなります。こんな時、厚手の防寒着を来ていると、体の動きが制限され、一つ一つの動作にかなりの労力を要することはご存知かと思います。特に後ろにあるクーラーやタックルボックスを振り返って開ける時などは体をひねるだけでは難しいのではないでしょうか。そんなとき、薄手のインナーである光電子製品を来ていると、動きやすさがワンランクアップしたような印象を受けるはずです。寒ければ寒いほど実感できるインナーですね。

防寒機能プラス「機動性」

やはり大切なのは寒さを防ぐ防寒機能がしっかりしていること。これは絶対条件ですが、あくまで釣りをするために防寒着を着るのであって街中を歩くためではありません。このため防寒機能と同じくらい大切な機能が動きやすさ、機動性です。快適に釣りをするためにはこの二つが欠かせませんね。

今後期待したい、サイズラインナップ

おなか周りがきつくないようなものがあると嬉しいですね。
日本人は足が短い割に腹回りが太いので、サイズに合わない場合も結構あります。
アンダーウエアは重ね着をするとおなかを圧迫するので船酔いの原因になったりします。
中年の男性をイメージしてもらうと良いかもですね。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 伊豫部 健 氏

動きを妨げることなく、釣りのしやすさをキープする事が出来ます。

温かいのは当たり前、私が求めるのは機動性能

私が防寒ウェアに求める要素は、圧倒的に「いかに快適に釣りが出来るか」だ。防寒ウェアとして、温かいのは当たり前で、動きにくかったり、重く疲れたりするものはNG。温かいという機能、フィッシングウェアとしての特性、動きやすく機動性能に優れた快適性と言ったポイントが完璧なものを、私は求めています。後、オシャレでファッション性に優れていることも大切ですね。

軽くて携帯性に優れたダウンウェア

愛用しているダウンジャケットは、身体の中から温まり、軽いのが良いですね。温かさは実感できています。ダウンウェアと言っても軽くてコンパクトなため、携帯性にも優れており、急激な寒波到来でも助かりました。また、その薄さゆえにインナーとして着用しても、動きを妨げることなく、釣りのしやすさをキープする事が出来ます。

工夫次第でまだまだ暖かく快適になるウェアへ

温まった空気をいかに外に逃がさないかと言う面ではウェアの首周りやフード、袖口などの処理をもう少し凝った仕様がいいと思います。また、風をカットし保温性があり、少しの雨なら弾き、そして本格的な雨になればミドラーとして、またはその上からレインを着込んでも窮屈にならない防寒着は理想ですね。

細かな機能もイイ! でもこれから望むことは・・・

ウェア全般に言えることかも知れませんが、ポケットがファスナー仕様なのは絶対にイイ! 細かな点も含めて、今のクオリティで不満は無いですね。(実は、襟が長いともっと良いかと思ってるけど(笑))
ただ、今後の将来を考えると、もっと若いユーザーにも着用して欲しいので、単調なデザインだけでなく、よりオシャレでファッション性に優れたデザインも意識して欲しいなと。。。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 川村 光大郎 氏

寒くても上は3枚、厳冬期でも4枚。無駄な重ね着をしないため、身軽に釣りを楽しめます。

ムダな重ね着をなくし肩こりや疲れを軽減

光電子素材を使用したものが暖かいのは確かです。私はインナーで使用していますが、汗でビチョビチョになることもなく快適!また、岸釣りでよく歩くので、この点においてもメリットを感じていますね。そして、アンダーウェアが暖かいことで、ムダな重ね着をしなくても良くなり、上は3枚で済むことも多く、厳冬期でも4枚あれば十分に過ごせます。身軽なことで肩こりや疲れを軽減できる点においても良さを感じます。

お気に入りは5本指ソックス

岸釣りでナナメの場所に立つことが多く、オールシーズン5本指ソックスを着用しています。光電子素材を使用した5本指ソックスがラインナップされていることは嬉しいですね。

理想は軽くて動きやすい防寒ウェア

防寒ウェアでは“軽くて動きやすい”ことが理想です。暖かくても重く自由度を奪われるものは、体を動かすバスフィッシングにおいてイマイチ。また、素材のやわらかさやデザインも重要です。そして、アウターを着たまま買い物などに行っても違和感のないようなデザインの向上に期待しています。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 並木 敏成 氏

身体の芯から冷える寒い時でも暖かく、釣りに集中することが出来る。

寒い日でも暖かく釣りに集中できる光電子素材

体の芯から冷えるような本当に寒い日や、動かずにじっとしている時でも暖かく釣りに集中することが出来る。そして、肌に密着する部分が暖かいので、薄いアウターでも寒さを凌ぐことができ、身動きのしやすさにも繋がってるよね。この2015年のラインナップで光電子素材を使った5本指ソックスは、特に温かさそうで重宝しそうな商品だね。

高い防水機能と密着性

これから求めたいのは寒さを十分防いでくれるもの。暖か過ぎるぐらいのもののほうが絶対に良い。また、暖かいのはもちろんだが、身動きが取りやすく雨や雪などが浸透しない高い防水機能と、ウェアの内部にもそれらが入らないような形状のものが理想だね。

デザインや機能性の向上に期待

機能性が高いことはもちろん、アウターに関しては形状にもこだわりが必要だと思うよ。バスボートの走行中にフードが脱げたり、雨や雪が入るようでは防寒として不便だと感じる。また、デザイン面や機能性の部分では、これからもより研究が必要なアイテムがあると思う。質実剛健でデザイン性に富んだ、今後の商品開発に期待しています。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 平村 尚也 氏

ジッとしていても温かい光電子は釣りには最適な防寒ウェアだと思う。

「ジッとしていても温かい」光電子は釣りに最適

光電子素材は、冷え込んだ日に芯まで冷えることなく、本当に寒い日に効果があるのが良さ。ジッとしていても温かい光電子は釣りには最適な防寒ウェアだと思う。

冬場は光電子で身を包み出船

私の場合、Tシャツで睡眠、朝起きてTシャツの上から厚手アンダーを着用し、ストーブを点けずに屋内で身支度。そのまま、光電子ダウン、もしくは光電子フリースを着て、冷え込んだ車に乗り込んでも寒くない。そして、釣り場で、その上から防寒着を着用して、首に光電子ネックウォーマー、手に光電子グローブといった具合に、全身を光電子で包み込むと、真冬の風速10m気温3度の湖上に出ても平気だ。
但し、本当に温かいので、大阪のような繁華街や電車の中では汗だくになることも(笑)。他のウェアと同じ感覚で着用すると暑過ぎるので、光電子への慣れは必要だと思う。

私が求めるのは「軽さ」と「機動性」

防寒ウェアに求めるのは「軽さ」と「機動性」。温かいが着膨れするのでは駄目だ。軽くて暖かく、そしてバスフィッシングにおいてはキャストで何度も腕を上げるため、肩周りの動きやすさ、すなわち腕から肩にかけての余裕は絶対欲しいところだ。

普段着でも釣りシーンでも「アンダーシャツエクスペディション厚手」

その様な意味で、私のお気に入りは「アンダーシャツエクスペディション厚手」。冬の普段着として最適だ。朝起きた瞬間にすぐに着用すれば、アンダーウェアだけでストーブをつけずに屋内を動き回ることができる。厚手ではあるが、縫い目が少なく、素材がなめらかなので着心地が良く、屋内の普段着として欠かせない。
釣りにおいても、このアンダーウェアを着て、上に他のウェアを着用することにより、2~3枚の着用で外出できるため、着膨れせずに肩こりが非常に少ない。

最近は光電子のダウンなどは良く売れており、フィールドで同じファッションの人に出会うことが多い。 流石に恥かしいので(笑)、特にアウターの上着は今後、色のバリエーションを増やして欲しいですね。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 茂手木 祥吾 氏

温かくなりすぎず一定に温度を保ってくれるレイヤーテックは手放せません。

適温に保つ光電子素材

他社のものは暖かくなるが暖かくなりすぎて汗をかきやすい。しかし、私が愛用しているレイヤーテックは暖かさを一定の温度に保ってくれます。インナー以外のダウンは軽くて暖かくコンパクトになる所が良いですね。また、光電子のダウンは脱いだ後もぬくもりがあり、あたたかさが持続してくれているのがよくわかります。

携帯しやすさが、いざという時に役立つアイテム

春先の釣行時、午前中は天気もよく薄い長袖にレインウェアの装備でボートに乗り、釣りをしていました。しかし、午後になり雲行きが怪しくなり、急に冷たい風が。その後、雪が交じり10分ほどでボートが真っ白になりました。そんな急に寒くなった時に万が一のために持っていた「フォーオンハイブリッドウルトラライトダウンジャケット」を取り出し、着用。冷え切った体を温めてくれ、助かったのを覚えています。

工夫次第でまだまだ暖かく快適になるウェアへ

温まった空気をいかに外に逃がさないかと言う面ではウェアの首周りやフード、袖口などの処理をもう少し凝った仕様がいいと思います。また、風をカットし保温性があり、少しの雨なら弾き、そして本格的な雨になればミドラーとして、またはその上からレインを着込んでも窮屈にならない防寒着は理想ですね。

コストパフォーマンスと知名度アップ

ダウンは濡れに弱いところもあり、洗濯後の乾燥にも時間が掛かるので、春夏の朝ぐらいまで着られる薄手のジャケットが欲しいですね。光電子素材を使用していても価格の安いアイテムがあれば良いなと思っています。また、今後は「FREE KNOT」の知名度をアップさせることも大事になってくると思いますね。

ページトップへ戻る

プロスタッフ 斉藤 心也 氏

内部のダウン量が少ないにも関わらず圧倒的に温かいと感じています。

圧倒的に温かく、コンパクトな「光電子ダウン」

私はへら鮒釣りに釣行する事が多く、光電子ダウンを愛用しています。
内部のダウン量が少ないにも関わらず圧倒的に温かいと感じています。また、非常に軽くコンパクトに収納出来るので大変重宝しています。

私が求める「防寒ウェア」の要素

私が求める防寒性能は、まず寒くない状態で釣りが出来るというのが前提です。
さらに動きやすい形状で軽量なら、なおさらOKといった感じです。座った際、腰部分の丈が短いウェアや太もも部分がタイトになっているパンツはNGです。

霜焼けに悩まされるへら鮒釣り

へら鮒釣りはアグラで釣りをするスタイルなので、靴を脱いで釣りをする事が多く、厳寒期には足先が凄く冷えてしまいます。
今までは毎年1~2月になると、足先の霜焼けに悩まされてきましたが、「光電子ハイブリッドダウンスカート」を使用するようになってから、全く霜焼けにはならなくなりました。

快適アイテム「光電子ハイブリッドダウンスカート」

愛用している「光電子ハイブリッドダウンスカート」は、ファスナー付きのポケット部分がお気に入りです。
携帯やお財布を入れておいても落とす心配が無く、ポケット部分にも光電子ダウンが充填されているので温かく、カイロを入れれば、温かさはさらに倍増します。アグラをかいても窮屈さを感じさせない形状や、エサの汚れが目立ち難い色もお気に入りの1つですね。

へら鮒釣りはシーズンを通して1ヶ所で座って行う釣りで、冬場(厳寒期)には、かなりの枚数の中着を着込みます。さらに、へら鮒釣りをする年齢層は中高年が中心で、メタボ体系の方や大柄な方も多いので、今後は、通常のサイズよりももう少しゆったりとした大きさや形状があると嬉しいですね。

ページトップへ戻る