モニター様の声

光電子®製品モニターリポート

INDEX

FOURON エアウェイトラウンドネックインナージャケット FOURON エアウェイトラウンドネックインナーベスト
レイヤーテック アンダーシャツ 中厚手 レイヤーテック アンダーシャツ 中厚手 レディース
レイヤーテック アンダーシャツ 超厚手 レイヤーテック ソックス 先丸
レイヤーテック アンダータイツシープバック超厚手 レディース レイヤーテック アンダータイツ 中厚手
レイヤーテック アンダータイツ 中厚手 レディース レイヤーテック アンダータイツ 超厚手

FOURON エアウェイトラウンドネックインナージャケット

D.H 様

  •  
  • 目的:釣り
  • 日時:1月7日
  • 時間帯:19:00~23:00
  • 場所:しまなみ近辺
  • 環境:くもり強風 気温4℃
H.D様

しまなみエリアは1年を通して最も寒いこの季節はライトゲームが最も暑くなるシーズンです。昨シーズンまで私の極寒期のスタイルと言えば、下から他社の薄手アンダー、フリース、ライトダウン、アウターでした。今年からレイヤードの中にフリーノット製品のアンダーを取り入れました。正直なところ今までは、アウター偏重主義でインナーに対しての考えが甘かった私ですが、光電子®インナーを着用するようになりインナーの重要性を痛感しました。昨シーズンまでなら防寒していても寒いと感じていたであろうシーンでも全く寒さを感じません。体の芯から温まる不思議な感覚です。ピッタリフィットなため裏起毛でも着膨れせず、ストレッチ素材なのであらゆる動きも妨げません。冬にありがちなゴワつきや動きにくさが全くないのです。ルアーマンにとっては非常に大事なことで、圧倒的な温かさ+動きやすさは、集中力の持続に繋がり、冬場の釣果に直結するといっても過言ではありません。個人的にはウインタースポーツやその他の冬場のレジャーでも釣りは寒い部類と思っております。それでも光電子®インナーは、じっとしていても温かいという謳い文句通り、圧倒的な温かさでサポートしてくれました。私の冬のアイテムで欠かせないアイテムとなりました・・・。

M.O 様

  •  
  • 目的:海ルアーガイド
  • 日時:12月12日
  • 時間帯:7:00~16:30
  • 場所:宮城県 気仙沼
  • 環境:晴れ 気温-2℃〜9℃
O.M様

O.M様

私は、気仙沼市にてガイドサービスを営んでおります。ここで寒い時期にスローな釣りには、『光電子 超厚手タイプ 長袖シャツ』が大変重宝しております。着用前と比べると、アウターが一枚減りまして、ボートの出港準備→操船→釣り→寄港してのかたずけ→帰宅までがスムーズに行えます。特に朝の出港準備に関しては、気温は氷点下なうえボートが凍結している状態で、『光電子 超厚手タイプ 長袖シャツ』の上に厚くないスエットのみ2枚着ての状態で準備しています。釣りの最中は、この2枚の上にアウターブルゾンが一枚です。実釣時間には、ゲストさんの釣りを見ている時間や操船している時間も長いため『ジッとしていても暖かい』が実感出来ます。