光電子の実力

光電子®は、なぜ釣りやアウトドアに効果的なのか?

釣りという静のスポーツで温かさを得る

静というシチュエーションで実感できる温かさ

人体からの体温を吸収し、遠赤外線を効果的に体に輻射することで、身体を快適に保温する「光電子®」繊維は、動きの少ない釣りにおいて、非常に有効的な防寒素材と言えます。

人間は体を動かすことで蓄えたエネルギーを消費し、熱を生み出すか、生きて行く上で必要な代謝により、同様にエネルギーを消費し熱を生み出します(=基礎代謝として体温を維持する)。

過ごしやすい気温の季節であれば、通常の代謝だけで体温を維持できますが、寒さが厳しい気温の低い季節となると、動かずして体温を維持するのはなかなか難しいものです。

当然、衣服を身にまとう事で、体温の低下を防ぐわけですが、その際、より多くの衣服を着用したり、自ら運動することで熱を生み出さなくても、衣服そのものが効率よく体温を利用し、保温の手助けをしてくれれば、あらゆる面で快適ではないでしょうか。
その様な意味で「光電子®」繊維は、釣りやアウトドアというシチュエーションにおいて、非常に効果的な素材と言えます。

体温を有効活用するため、薄くて軽くて温かいを実現する

『薄い』『軽い』『温かい』を実現する

遠赤外線輻射機能により保温性能を高めた「光電子®」繊維は、これまでの素材の様に、強い断熱効果を得るための厚みを必要とせず、比較的薄くて軽い素材を使用できます。

もちろん、素材や商品形状による防風性能にこだわる必要はありますが、体温を有効活用する「光電子®」においては、「遠赤外線効果により保温力が継続する」、すなわち、温泉に入った後の様に、保温力が低下するまでに時間が掛かるという特性を持っているため、保温を素材のみに頼るのではなく、身体と素材の双方で保温を持続しやすいという効果が期待できます。

その様な理由から、従来のような厚く強靭な素材を使用せずとも、「軽衣料で重衣料並みの保温力」を実現し、釣りやアウトドアというシチュエーションにおいて、非常に高い機動力を確保できます。
また、キャストや魚の取り込みなどの際、身体の可動部を邪魔することなく快適に着用できるウェアを開発することが出来るのです。

釣りやアウトドアを意識したこだわりの数々

  • 細部からの風の侵入や放熱を防ぐための仕様とデザイン

    細部からの風の侵入や放熱を防ぐための仕様とデザイン

    保温を損なう一番の原因は冷気の侵入や放熱によるものです。
    FREE KNOT光電子®ウェアでは、ジャケットやシャツ等のトップスにおいて、背中の裾を長くしたり、襟を高く設計するなど、また、パンツやタイツ等のボトムスにおいては、股上を深く設計したり、商品によってはタイトフィットに設計するなど、光電子®で温めた熱を逃がさないよう、細部までこだわりデザインしています。

  • ダウン・中綿商品における、軽量・コンパクトを追及した生地や資材の採用

    ダウン・中綿商品における、
    軽量・コンパクトを追及した生地や資材の採用

    光電子®ダウンや中綿素材の一番の特長は、薄くて軽くて温かいこと。
    その特長を最大限活かすために、採用する生地や資材選びにもこだわっています。
    生地には15デニールや20デニールといった極細繊維で織り上げた、薄くて強度のある物を採用したり、また、ファスナーやマジックテープ等の付属資材の使用箇所を減らす、もしくは、出来るだけ小さい物を採用することで、軽量コンパクトで温かい商品を追求しています。

  • 保温力だけでない、快適性と安全性の追求

    保温力だけでない、快適性と安全性の追求

    光電子®による高い保温性を発揮する商品には、やはり快適性や安全性も兼ね備えたいものです。
    快適性に関しては、付属資材の一部や縫い糸に、静電気除去機能を持った物や、かじかんだ手でも付けやすいファスナーを採用するなど。
    また、生地や羽毛に撥水加工や縫い目にシーリング加工を施すといった、水や湿気による保温力の低下を防ぐ対応など、細部にまでこだわっています。
    また、安全性に関しては、明るいカラーの採用や、リフレクター機能を持つZIPプルやブランドマーキング等、視認性と安全性を兼ね備えることを意識し、商品開発を行っています。

  • ダウン商品における羽毛噴出しの軽減と商品の改良

    日々進化し続ける商品改良

    改良の一つとして、ダウン商品の縫い目からの羽毛の噴出しがあります。
    当社商品においてもそれはつきまとう悩みであり、FREE KNOT商品も当初は縫い目から多くの羽毛の噴出しに悩まされました。「生地の変更」、「加工技術の模索」、「仕様の変更」、「縫い糸や縫い方など製法の変更」 ・・・、その度にフィールドでの試着テスト繰り返し、その結果、以前の商品に比べ、羽毛の吹き出しを大きく軽減することができました。
    今後もより一層お客様に安心して着用していただけるように、FREE KNOT商品は現状に甘んじることなく改良を繰り返し、あらゆる面において、満足していただける商品を追求しております。